不動産一括査定にデメリットはある?賢く利用するための全知識を授ける

不動産を売ろうと思い立ったらまずはじめに行うのが「不動産一括査定」。

不動産一括査定を簡単にご説明すると、複数の不動産会社に一括で査定請求を依頼できるウェブサービスです。
無料で複数の不動産会社に査定依頼できるので、簡単に仲介業者を探せるのが利点。

しかし一括査定サイトには3つのデメリットもあります。

今回は以下の4つをメインに解説していくので、一括査定サイトを利用される方は一読してみてください。

  • 不動産一括査定の仕組み
  • 不動産一括査定のデメリット
  • 不動産一括査定のメリット
  • おすすめの一括査定サイト3つ
  • \不動産を売りたいと考えている方へ/

    当サイトでは、リビンマッチという無料一括査定サービスをおすすめしています!

    「できるだけ不動産を高く売りたい…」
    まずは45秒で無料一括査定をしてみましょう!

    リビンマッチでできること

    最短45秒で査定完了
    ➡複雑な手間がいらない!

    PC・スマホからでもできる
    ➡全国どこでも査定可能!

    最大6社の査定額を比較できる
    ➡厳しい審査を通過した優良1,700社から厳選

    会社によっては1,000万円の差が出るケースもある不動産売却。

    査定額が8,000万円のA社と9,000万円のB社があった際に、比較をして選択ができる一括査定。

    慎重にかつ手軽にまずは見積もりだけでも知りたい方に特におすすめです!

目次

不動産一括査定とはどういったサービス?

冒頭でも述べたように「不動産一括査定」とは、複数の不動産会社に一括で査定請求を依頼できるウェブサービス。

不動産の一括査定サイトの主な特徴が以下の4つです。

不動産一括査定の特徴

  • 複数の不動産会社に”無料”で査定してもらえる
  • 物件情報を入力するだけで大まかな売却価格がわかる
  • 査定額に満足が出来なければ必ず契約しなくてもよい
  • 不動産売却に関する疑問を聞けるので相談役にもなる

このように一括査定サイトは基本無料です。
一括査定サイトは不動産会社が広告費・紹介料を支払っているので、皆さんは無料で利用できる仕組み。

無料で複数の不動産会社が査定してくれるので、不動産を売ろうと考えている方にとってはメリットが大きなサービスです。

不動産一括査定の3つのデメリット

不動産一括査定は土地やマンション、家を売りたい方には嬉しいサービスです。

しかし一括査定サイトにも注意点があるので、生き急いで利用する前に一括査定サイトのデメリットを把握しておきましょう。

不動産一括査定の注意点が以下の3つです。

  1. どこの不動産会社の査定が正しいか判断しづらい
  2. 地域に特化した不動産会社が見つからない可能性がある
  3. 匿名でサイト利用ができない

①どこの不動産会社の査定額が正しいのか判断が難しい

一括査定サイトでは最大6社まで査定請求できるサイトもあります。
※後述で最大6社まで査定請求できる「一括査定サイト」を紹介しています。

しかし各社で査定価格が違うと、どの売却価格を目安にすればいいか分かりません。

「1番高い査定額を出した業者を選べばいいのでは?」と思うかも知れませんが、売却価格が高いだけでは買主が見つからないリスクがあります。

ですので不動産会社は査定額だけを目安にするのではなく、

  • 担当者の人柄
  • 成約実績
  • 物件と不動産会社の特性の相性

といったポイントも判断基準として仲介業者を決めていきましょう。

②地域特化の不動産会社が見つからない可能性がある

不動産の一括査定サイトは、全国の不動産会社が登録しているわけではありません。

そのため物件がある地域に特化した不動産会社を見つけにくい場合もあります。

小さな町の不動産でも対応してくれる業者を見つけるためには、一括査定サイトで一度に2~3サイト依頼するのも一つの手段。

一括査定サイトは「掛け持ちNG」というルールはありません。

例)最大6社まで一括査定できるサイト3社に査定請求する。

⇒1サイト6社×3=18社に査定請求ができる

多くの不動産会社にアプローチすることで、対応してくれる不動産会社を見つけやすくなります。

皆さんの物件がある地域の不動産会社が登録されていない場合は、一括査定サイトの掛け持ちも視野に入れてみましょう。

③”匿名”では一括査定サイトを利用できない

一括査定サイトは匿名では利用できないので注意してください。

不動産会社にとって不動産査定は、家や土地などを売ってくれる見込み客を見つけるための活動の一環。
素性が知れていない相手のために、わざわざ情報を集めて査定をしないという訳です。

一括査定サイトで査定依頼する際は、以下の情報が最低限必要なので覚えておきましょう。

  • 利用者の名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 売却物件の住所
  • 売却物件の情報
  • 利用者の現住所

不動産一括査定の3つのメリット

ここまでご説明してきた不動産一括査定の注意点を許容できる方は、以下のようなメリットで効率的な売却活動ができます。

  • 無料&簡単に不動産会社を探せる
  • 不動産の売却価格の相場がわかる
  • 不動産売却のプロが相談相手になる

①無料&簡単に不動産会社を探せる

一括査定サイトの最大の強みは、無料かつ簡単に条件に合う不動産会社を探せること。

何度もお伝えしたように一括査定サイトなら、複数の不動産会社に無料でアプローチできます。
皆さん自身で何店舗も問い合わす必要はありません。

【不動産一括査定を利用しない】

  1. 不動産会社を探す
  2. 見つかった不動産会社Aに物件情報を教える
  3. 不動産会社Aに査定申し込む
  4. A社から査定結果が届く

⇒他の不動産会社に査定してもらう際は上記の流れを都度行う


【不動産一括査定を利用する】

  1. 一括査定サイトに不動産情報を入力して査定依頼する
  2. 最大6社から査定結果が届く

この通り一括査定サイトを利用した場合と、利用しなかった場合とでは手間の少なさが一目瞭然。

仕事が忙しい方でもサイトに不動産情報を入力するだけで、手軽に条件に合う不動産会社を探せます。

②不動産の売却価格の相場がわかる

不動産一括査定は複数の不動産会社に査定請求できるので、物件の売却価格の相場を知ることができます。

例)6社に「土地」の一括査定請求した場合

  1. A社:2,000万円
  2. B社:1,800万円
  3. C社:2,200万円
  4. D社:2,100万円
  5. E社:1,900万円
  6. F社:2,300万円

⇒売却相場:2,050万円

上記のように皆さんの土地をA社が2,000万円と査定しても、F社は2,300万円と査定してくる場合もあります。
そのため1社だけの査定では、適正な価格かどうかの判断がしづらいです。

このように不動産一括査定は、売却価格の目安を決めるという活用方法もあります。

③不動産売却のプロが相談相手になる

一括査定サイトによっては、登録されている不動産会社に不動産売却あのアレコレを相談できる場合もあります。

  • 売却までにかかる費用は?税金は?
  • 高価売却に向けて準備すべきことは?
  • 登記など法的に必要な手続きは?

不動産売却のプロたちに相談できるので、円滑に売却活動が進められます。

不動産売却するなら「不動産一括査定」をして損はない

今回ご説明したとおり不動産一括査定には注意点があります。

しかし上手く活用すれば、条件に合う不動産会社を見つけられたり・売却戦略を練られたりできます。

【デメリット】

  1. どこの不動産会社の査定が正しいか判断しづらい
  2. 地域に特化した不動産会社が見つからない可能性がある
  3. 匿名でサイト利用ができない

【メリット】

  1. 無料&簡単に不動産会社を探せる
  2. 不動産の売却価格の相場がわかる
  3. 不動産売却のプロが相談相手になる

不動産売却が初めてで売却の知識がない方なら、不動産一括査定は間違いなく便利なツールですよ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる