駐車場経営はリスクが低い?接触事故・不正利用・自然災害などの対策も解説

駐車場経営はリスクが低い?接触事故・不正利用・自然災害などの対策も解説

「駐車場経営は低リスクって本当?」
「駐車場経営にはどんなリスクがあるの」
「リスクを抑えるための対策はあるの?」

リスクとは、悪いことが起こる可能性(危険性・不確実性)のことです。

駐車場経営は土地活用の方法の中でも、リスクが低いといわれています。
たしかに賃貸経営と比べれば、総合的に駐車場経営は低リスクといえるでしょう。

もちろんリスクはゼロではないため、ある程度の対策を講じないといけません。
そこで本記事では、駐車場経営のリスクと対策について以下を解説していきます。

  • 土地活用の中の駐車場経営のリスクの低さ
  • 駐車場経営のリスク
  • 駐車場経営のリスク対策
  • 駐車場経営のリスクを抑える管理会社選びについて

本記事を読めば、駐車場経営のリスクや対策について一通り理解できるはずです。
駐車場経営を成功させたいオーナーの方は、本記事を参考にしてみてください。

目次

駐車場経営は土地活用の中では低リスク

駐車場経営以外の代表的な土地活用には、賃貸経営があります。
賃貸経営とは、アパートやマンションなどの賃貸住宅を経営することです。

駐車場経営は賃貸経営と比べて、以下のようなメリットがあります。

駐車場経営のメリット 主な内容
初期費用が安い 経営方式によっては初期費用が安く
負担は舗装費用などだけで始められる
転用性が高い 賃貸住宅のように施工や解体に
時間がかからないため
始めやすく撤退しやすい
狭小地や変形地でもOK 1台分の駐車スペースがあれば活用可能
災害リスクが低い 建物がないため火災や地震などの
リスクが限定的といえる
一定のニーズがある 駅や繁華街の近くでなくても
一定の利用者の需要が見込める

賃貸経営にあるような金銭的なリスクや、災害リスクなどが低いというわけです。
リスクは低めですが、失敗しても金銭的な損失はゼロというわけではありません。

それでも土地活用の中では低リスクであるため、土地活用の初心者の方におすすめです。
逆にいえば最初の土地活用で賃貸住宅を経営するのは、ハードルがやや高いといえます。

経営方式によってリスクは異なる

駐車場の経営方式は主に3つありますが、自営方式が1番リスクが大きいです。

経営方式 一括借上方式 管理委託方式 自営方式
収入 毎月一定 収益-手数料 収益すべて
管理業務 任せきりにできる 任せきりにできる 自分自身
管理手数料 あり あり なし
初期費用 なし あり あり
ランニングコスト なし あり あり

※ケースによっては希望する経営方式が選べない場合があります。

自営方式は収益性は高いですが、売上次第であるため責任を一身に背負います。
また精算や清掃などの管理もすべてオーナー負担で、かかる手間も大きいです。

一方でリスクが低いのは、賃料収入が売上に左右されない一括借上方式。
仮に赤字でも一定の賃料が入りますが、売上が好調であってもうまみはありません。

駐車場経営のリスク

駐車場経営の主なリスクには、以下のようなものがあります。

駐車場経営のリスク 主な内容
事故が発生する 車両同士の事故や車両と歩行者の
事故などがあるが管理側の
責任が問われないとは限らない
不正利用される 車室以外のスペースへの無断駐車や
ロック板を乗り越えた不払いなど
災害に遭う 日本は自然災害が多く対策をしていないと
復旧するための費用がかさむ可能性がある
子供や若者のたまり場になる 子供や若者の迷惑行為が近隣からの
苦情につながり経営にも悪影響を及ぼす
事件が発生する 一切の責任を負わないという旨の
文言は法的効力を持たないため
管理側が責任を問われることもある
不法投棄される ポイ捨てのゴミだけではなく
粗大ゴミが不法放棄されることもあり
さまざまな悪影響につながる可能性がある
賃料を支払ってくれない 電話や手紙の催促を経てそれでも
支払わない場合は強制解約を検討する

事業計画を具体的にすすめる前に、どんなリスクがあるのか一通り知っておきましょう。

事故が発生する

経営する駐車場内では、以下のような事故が起きる可能性があります。

  • 車両同士の事故
  • 車両と歩行者の事故
  • 車両単独の事故

事故が起きる原因として、運転手や歩行者に過失があることが多いでしょう。
ただし駐車場が事故が起きやすいレイアウトだと、責任を問われるかもしれません。

あまりに移動しにくい駐車場だと、注意深い運転手でも事故を起こすこともあります。
スムーズに出入りしやすいようなスペースや動線を確保しておくことが大切です。

利用者同士でトラブルに発展した場合は、警察や保険会社に対応を一任しましょう。

不正利用される

駐車場がコインパーキングの場合は、以下のような不正利用のリスクがあります。

  • 駐車スペースではない場所での無断駐車
  • ロック板を乗り越えて料金を支払わない行為

もちろん不正利用は犯罪であるため、オーナーとしては料金を請求可能です。
ただし防犯カメラが未設置だと、不正した利用者を追うのは難しいかもしれません。

ロック板は不正利用以外にも、さまざまなトラブルの原因になるといわれています。
ホイールにキズがつくなどの苦情から、昨今は設置しない駐車場が増えているようです。

災害に遭う

日本は自然災害が多いといわれており、さまざまな災害に遭うリスクがあります。

  • 台風・洪水
  • 土砂災害
  • 火山噴火
  • 地震・地割れ
  • 液状化災害
  • 津波・高潮

駐車場が被害に遭って設備などに損害があれば、復旧するための費用などが発生します。
保険や自己資金でどれだけカバーできるかは、事前準備にかかっているといえるでしょう。

子供や若者のたまり場になる

駐車場をきちんと管理しないと、子供や若者のたまり場になります。
子供や若者のたまり場になると、以下のような苦情が寄せられるでしょう。

  • 話し声や笑い声がうるさい
  • ポイ捨てされたゴミが流れてくる
  • 壁に落書きをされた

近隣の印象も悪くなり、周辺地域にとって悪い存在とみなされてしまいます。
駐車場が遊び場として常態化してしまえば、必然的に利用者が減るはずです。

警察に相談することは可能ですが、積極的に動くかどうかはわかりません。
管理会社と連携して、たまり場にならないための対策を練る必要があるでしょう。

事件が発生する

刑法犯の発生場所としては、駐車場を含めた公共空間が全体の約3割を占めます。
駐車場・駐輪場で全体の約2割を占めるため、犯罪が起きやすいともいえるでしょう。

駐車場内で発生するかもしれない事件としては、以下のようなものがあります。

  • 車上荒らし
  • 車両盗難
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 利用者同士のトラブルからの暴力事件

これらが実際に起こった場合は、オーナーや管理会社の責任を問われることもあります。
駐車設備の故障を放置していた場合や、防犯カメラの設置が虚偽だった場合などです。

また注意書きの「一切の責任を問いません」などの文言は、法的効力を持ちません。
管理会社の過失が認められれば、責任をとらないといけないケースもあります。

車両盗難の手口

車両盗難の主な手口には、以下のようなものがあります。

□窓の隙間から針金等を差し込んでドアを解錠し、車両に侵入する。

□ハンマー等で車のガラスを破壊し、車両に侵入する。

□工具等を使ってドアを解錠し、ステアリングロックを破壊してエンジンを始動する。

□車体にマグネット等で隠しているスペアキーを探し出す。

□家に侵入し、車のキーを盗む。

□レッカー、けん引車で車を丸ごと盗む。

□カギを預かる施設で車の使用者になりすましてキーを受け取る。

出典:STOP THE 自動車盗難「クルマの盗難防止対策」

これらの犯罪を防ぐには、犯罪者に都合が良い駐車場であってはいけません。
盗難が狙われやすい車種もあるため、高級車が利用する駐車場は特に注意が必要です。

車両盗難の認知件数の推移

車両盗難は車内の物の盗難である車上狙いとは異なり、車両ごと盗難することです。
以下のように車両盗難の認知件数(警察が認知した件数)は、年々減っています。

調査年 2017年 2018年 2019年 2020年
認知件数 10,213件 8,628件 7,143件 5,210件
一般住宅 2,496件 2,373件 2,460件 1,915件
駐車場 4,558件 3,828件 2,726件 1,598件
道路上 503件 356件 319件 218件
その他 2,656件 2,071件 1,638件 1,479件

駐車場内での盗難は多いですが、全体に対する割合は少なくなっているようです。
2016年は全体の約44%だった駐車場内の車両盗難の割合は、2020年には約30%でした。

全国のオーナーや管理会社が防犯対策に力を入れてきた結果ともいえるかもしれません。

参考:STOP THE 自動車盗難「自動車盗難の現状」

不法投棄される

小さなゴミのポイ捨て以外にも、粗大ゴミを不法投棄されるケースがあります。
粗大ゴミが不法投棄されることで、以下のような悪影響を及ぼすでしょう。

  • 撤去費用が発生する
  • 異臭の原因になる
  • 車両が入庫しづらくなる
  • 利用を避けられる
  • 解約する利用者が出る(月極駐車場の場合)

また管理がなされていない駐車場だと判断されて、犯罪を誘発する可能性があります。
利用者の車両が車上荒らしに遭うようなリスクを高めることになるかもしれません。

日頃から防犯意識が高いことをアピールして、犯罪リスクを抑止することが大切です。

賃料を支払ってくれない

月極駐車場の場合は、利用者(契約者)が賃料を滞納するリスクがあります。
ケースによっては長期に及ぶこともあるため、早めに対処したほうが良いでしょう。

賃料を支払ってもらうには、以下のような手順を踏むことになります。

  1. 電話での催促
  2. 手紙での催促
  3. 内容証明郵便の送付
  4. 強制解約

いきなり内容証明郵便を送付すると、利用者の態度を硬化させてしまうかもしれません。
解決につながらないわけではないですが、なるべく電話や手紙で解決するのがベターです。

いずれにせよ滞納で損をするのはオーナーであるため、事前の対策が必要といえます。

駐車場経営のリスク対策

駐車場経営の主なリスク対策には、以下のようなものがあります。

駐車場経営のリスク対策 主な内容
保険に加入しておく 駐車場には多様な保険をかけられるため
災害や事故による金銭的リスクを減らせる
防犯カメラを設置する 犯罪の抑止や犯罪者の追跡効果があるが
防犯カメラの性能による場合もある
ハザードマップを調べておく 災害リスクが高い地域であれば
駐車場経営を断念して土地を
売却するという選択肢もありえる
注意喚起を徹底する 看板の設置などは一定の効果があるが
配色やフォントを工夫する必要がある
オーナーが巡回する 業者に管理を委託していても
オーナーが定期的に巡回清掃すれば
防犯や清潔感の維持に効果がある
警備員を配置する ある程度の費用がかかるが
自社で用意するか警備会社に依頼して
接触事故などのリスクを減らせる
賃料を前払いにする 半年分や1年分の賃料を利用開始の前に
支払ってもらって滞納のリスクを減らせる

想定外の金銭的負担や損失を避けたい方は、ぜひともチェックしておいてください。

保険に加入しておく

駐車場経営に関係する保険には、以下のようなものがあります。

駐車場経営に関係する保険 主な内容
施設賠償責任保険 施設の構造上の欠陥などが原因で
損害を与えた場合に補償を受けられる
動産総合保険 接触事故や災害で損害を与えた場合や
精算機など駐車設備に損害を与えられた
場合に補償を受けられる
機械保険 不測かつ突発的な事故で機械設備に
生じた損害の補償を受けられる
火災保険 建物の敷地内で運営する駐車場で災害などで
建物が生じた損害の補償を受けられる
自動車管理者賠償責任保険 有人管理で駐車場側の過失で車両に
損害を与えた場合に補償を受けられる
放置車両対策保険 駐車場に放置された車両を撤去するための
費用などの補償を受けられる

コインパーキング経営では、施設賠償責任保険と動産総合保険への加入がおすすめです。
ビルの1階にある駐車場や機械式駐車場は、火災保険にも加入したほうが良いでしょう。

施設賠償責任保険では、故意による損害や災害による損害は補償対象外になります。
あくまで相手方(利用者)の損害に対して補償する保険であることに注意が必要です。

動産総合保険は想定外の事故で生じた損害について、補償を受けられます。
当て逃げで精算機を壊された場合などに、修理費用を保険金で補填できるというわけです。

ただし保険金は経年劣化に応じて下がるため、満額補償とはならない可能性があります。

防犯カメラを設置する

駐車場ではトラブルが起きやすいため、防犯カメラの設置は必須といえます。
無断駐車などの不正利用以外にも、車上荒らしなどに注意しなければいけません。

ただし防犯カメラを設置しても、映像が不鮮明だと設置した意味がなくなります。
そのため設置する際には、以下のようなポイントに注意するようにしてください。

  • 防水加工や防塵加工が施されている
  • ズーム機能が付いている
  • 夜でも鮮明に撮影できる

きちんと防犯カメラを設置すれば、利用者は安心して利用できるでしょう。
防犯カメラがない駐車場は、特に長時間利用したい方には避けられる要因になります。

駐車場の防犯で考慮すべきポイント

警察庁の資料では、駐車場の防犯で以下のようなポイントを考慮すべきとされています。

3 駐車場・駐輪場
(1) 「人の目」の確保(監視性の確保)
① 照度
イ 夜間において人の行動を視認できるよう、光害にも注意しつつ必要な照度を確保すること。
ロ 照明が汚損すること等により予定した照度を維持できなくなるおそれがあるので、適時に点検すること。
② 見通し
駐車場・駐輪場の外周のフェンス、柵等はできる限り見通しの良いものとして周囲からの見通しを確保するとともに、管理者が常駐若しくは巡回し、又は防犯カメラその他の防犯設備を設置すること。
(2) 犯罪企図者の接近の制御
駐車場・駐輪場については、その外周において柵等により周囲と区分し、可能であれば出入口には自動ゲート管理システムの設置、管理人の配置等を行う。ただし、その柵等が隣接家屋の2階等への侵入経路とならないよう注意すること。

出典:警察庁「「安全・安心まちづくり推進要綱」の改正について(通達) 」

明るさや見通しを確保しつつ、必要に応じてゲートシステムの設置や人員配置が必要です。
犯罪しやすい死角などがある場合は特に、防犯カメラで補完する必要があるでしょう。

防犯効果がある照度の目安

防犯と照明には密接な関係があり、警察庁では照度基準などを定めています。
照度はルクスという単位で計りますが、人工光による照度の目安は以下の通りです。

照度の計測場所 照度の目安
スタジアム 3,000ルクス程度
事務所 500ルクス~1,000ルクス
道路 7ルクス~15ルクス
住宅街路 1ルクス~5ルクス

4m先の人の行動を認識するには、空間の平均照度が3ルクス以上ないといけません。
駐車場に必要な照度としては、以下のような目安があるため参考にしてみてください。

  • 車路:少なくとも10ルクスは確保すべき
  • 車室:少なくとも2ルクスは確保すべき

暗い空間では犯罪リスクが高まるため、照明や防犯灯についても意識しておきましょう。

参考:安全安心なまちづくりをめざして 防犯照明ガイド Vol.6

ハザードマップを調べておく

ハザードマップとは、災害の被害軽減のために避難場所などを表示した地図のことです。
国土地理院(国家地図作成機関)のホームページでは、以下のように説明されています。

「ハザードマップ」とは、一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされています。防災マップ、被害予測図、被害想定図、アボイド(回避)マップ、リスクマップなどと呼ばれているものもあります。
ハザードマップを作成するためには、その地域の土地の成り立ちや災害の素因となる地形・地盤の特徴、過去の災害履歴、避難場所・避難経路などの防災地理情報が必要となります。

出典:国土交通省 国土地理院「ハザードマップ」

駐車場の管理会社がハザードマップを見せてくることもあるかもしれません。
しかしオーナー自身が前もって確認しておくことがリスク管理の上で重要です。

また火災保険に加入する場合は、水災特約を付けたほうが良いでしょう。
特約を付けて安心するのではなく、内容についてよく理解することも大切です。

ハザードマップで土地の災害リスクが高ければ、土地活用しない選択肢もありえます。
不動産一括査定サイトを利用して、売却価格の目安を知って検討すると良いでしょう。

注意喚起を徹底する

無断駐車などに対する注意喚起としては、看板の設置などが一定の効果があります。
ただし利用者に見られないと意味がないため、以下のような点に注意が必要です。

  • 配色
  • フォント
  • イラストやイメージ

文言としては「無断駐車をすると○○円の罰金です」などが考えられるでしょう。
ただし一般人は罰金を科せないため、無断駐車しても罰金の支払い義務は生じません。

また無断駐車している車両に対して、自己判断でレッカー移動を依頼するのは危険です。
違法行為に該当する可能性が高く、逆に相手から損害賠償を請求されることもあります。

注意喚起はあくまで抑止であるため、何かあれば警察に連絡して指示を仰いでください。

オーナーが巡回する

看板などによる注意喚起の他に、オーナーが定期的に巡回することも有効です。
定期的な巡回によって、利用者でない子供や若者のたまり場になるリスクは減ります。

たまり場になるのが常態化すると、近隣からのイメージ低下は避けられないでしょう。

自営方式でなくても、オーナーが自主的に駐車場を巡回することは問題ありません。
管理会社が定期的に巡回しますが、オーナーもすることでWの抑止効果が期待できます。

また駐車場は以下のようなゴミが散乱しやすいため、定期的な清掃もおすすめです。

  • タバコの吸殻
  • 軽食の包装
  • ペットボトル

これらが散乱していると、利用者は犯罪リスクもあるのではないかと利用を避けます。
週に何回か巡回清掃をすることで、たまり場防止やイメージ向上につながるはずです。

常に人がいるという印象を持たれれば、粗大ゴミなどを不法投棄される可能性も減ります。

警備員を配置する

広い駐車場である場合は、警備員を配置することもトラブルの抑止につながります。
警備員を配置する方法は大きくわけて2つありますが、費用がかかるため注意が必要です。

  • 自社で用意する
  • 警備会社に依頼する

たとえば繁華街の駐車場は、土日祝日に稼働率が高くなり接触事故が起きやすいです。
このような場合は、土日祝日の混雑する時間だけ警備を依頼するという方法もあります。

料金などは警備会社によって異なるため、気になる方は問い合わせてみてください。

賃料を前払いにする

月極駐車場の賃料の不払い対策としては、前払いにすると良いでしょう。
半年分や1年分の賃料を利用開始の前に、一括で支払ってもらうというわけです。

前払いにすれば滞納のリスクはなくなり、月々の入金確認の手間はありません。
利用者も毎月の支払いの手間が減るため、お互いにとって良い方法といえます。

他の滞納防止の方法としては以下のようなものがあるため、参考にしてみてください。

  • 保証人を用意してもらう
  • 勤務先の連絡先を聞いておく

滞納対策はいくつか併用しておくと、万が一の際にも安心といえるでしょう。
紹介した方法はいずれも、契約する前に講じる対策であることに注意が必要です。

駐車場経営のリスクを抑止するには管理会社選びが重要

駐車場経営のリスクを抑えるには、優良な管理会社をパートナーにすることが重要です。
逆にいえば管理会社選びに失敗すると、リスクが顕在化しやすいといえるでしょう。

優良な管理会社を選ぶ方法としては、土地活用一括資料請求をおすすめします。
土地活用一括資料請求とは、複数社に活用プランを提示してもらえるサービスです。

比較サイトに登録されている管理会社は、厳正な審査をクリアした上で登録されています。
そのため一括資料請求を利用することで、質の悪い業者との出会いを避けられるでしょう。

土地活用一括資料請求の利用は他にも、以下のようなメリットがあります。

  • 活用プランの提示にかかる料金は完全無料
  • 申し込みはWEBから1分程度で完了
  • 駐車場経営限定で活用プランの提示も可能
  • 他の土地活用の可能性についても相談可能
  • 土地を持っていなくても利用OK

同じ駐車場経営でも管理会社によって、活用プランの具体的な内容は異なるはずです。
一括資料請求にムダなお金はかからないため、まずは気軽に利用してみてください。

質の悪い管理会社が及ぼす影響

質の悪い管理会社に管理を任せると、以下のような悪影響があります。

  • 事故が発生したときにきちんと対応しない
  • 利用料金や賃料の適当に戦略がない
  • 管理や清掃がずさん
  • クレーム対応に慣れていない
  • 稼働率低下に対処できない

これらに当てはまる管理会社と組んでしまえば、経営が失敗する可能性が高いです。
駐車場経営を絶対に成功させたい場合は、業者選びを妥協しないことが重要といえます。

管理会社との間に起こりうるトラブル

オーナーと管理会社との間にも、以下のようなトラブルが発生するかもしれません。

  • 賃料改定に関して揉める
  • 利用料金に関して揉める
  • 契約内容の認識の違いで揉める

一括借上方式では売上にかかわらず、一定の賃料を得られるのがメリットです。
しかし経営状況によっては、毎月の賃料を減らされてしまうこともあります。

また管理委託方式では経営不振で、利用料金の値下げを実施されるかもしれません。
しかしオーナーの売上や収入に関わるため、トラブルに発展する可能性があります。

いずれにせよ契約で事前に合意していれば、賃料や利用料金の値下げは合法です。
トラブルに巻き込まれたくない方は、契約内容をよく確認したほうが良いでしょう。

駐車場経営のリスクについてよくある質問

駐車場経営のリスクについて、よくある質問をピックアップしました。
さらに知識付けしたい方は、こちらを参考にしてみてください。

駐車場経営で失敗する主な理由は何?

駐車場経営が失敗する要因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 事前によくリサーチしていない
  • 料金設定が相場とかけ離れている
  • 管理会社の質が悪い
  • 経営方式が合っていない
  • 利回りを高く見積もっていた
  • 競合が増えて競争に負けた

駐車場は競合が増えやすいため、リサーチは経営前も経営中も必要になります。
そのため周辺エリアの駐車場の需給状況は、常にチェックすべきといえるでしょう。

またコインパーキングの利用料金などには、周辺エリアごとの相場があります。
相場に比べて高すぎる料金を設定すると、集客は見込めないかもしれません。

つまり各場面で管理会社の質だけではなく、オーナー自身の質も問われるはずです。
土地活用に本気で取り組まない限りは、失敗するリスクは常に高いままといえます。

経済的なリスクはあるの?

たとえば賃貸経営はローンを利用するため、経営に失敗すると大きな負債を抱えます。
一方で駐車場経営を一括借上方式で始めれば、初期費用は格段に安く済むはずです。

そのため初期費用もなるべく抑えたい方は、一括借上方式をおすすめします。
ただし一括借上方式でも、以下のような費用はオーナー負担となる可能性が高いです。

  • アスファルト舗装費用
  • フェンスやブロック塀などの設置費用
  • 解体費用(古家などがある場合)

土地面積にもよりますが、広ければ広いほどこれらの費用負担は増えます。
準備不足により経営に失敗すれば、各費用はムダになることに注意してください。

なお月極駐車場はアスファルト舗装はしなくても良いため、すぐに経営を開始できます。

リスク減のために取得したほうが良い資格はあるの?

駐車場経営は自営方式であっても、基本的に資格や届出は不要です。
土地面積が500㎡以上のコインパーキングの場合は、届出が必要になります。

経営失敗のリスクを減らすためであれば、以下の資格取得がおすすめです。

  • 日商簿記3級
  • FP(ファイナンシャルプランナー)
  • 土地活用プランナー

特に日商簿記を学習すれば複式簿記が理解できるため、土地活用にも役立つはずです。
いつかは自営で土地活用するつもりという方は、取得して損はない資格といえます。

他の資格も駐車場経営と直接は関係ありませんが、法律など幅広い知識を得られます。
得た知識によって少なくとも、悪徳業者にだまされるような事態は避けることが可能です。

駐車場経営のリスクを減らして土地活用を成功させよう

駐車場経営のリスクについて、解説してきたことをおさらいしてみましょう。

  • 駐車場経営は土地活用の中でもリスクが低い
  • 同じ駐車場経営でも経営方式によってリスクは異なる
  • 駐車場内では車両同士の事故や車両と人の事故が起きるリスクがある
  • 車室以外のスペースでの無断駐車など不正利用をされるリスクがある
  • 地震や洪水など災害の被害を受けて復旧費用がかさむリスクがある
  • 駐車場の管理を怠るとたまり場になって近隣から嫌悪されるリスクがある
  • 駐車場内では車上荒らしやひき逃げなど事件が起こるリスクがある
  • 駐車場内は小さなゴミだけでなく粗大ゴミなどを不法投棄されるリスクがある
  • 月極駐車場では利用者に賃料を滞納されるリスクがある
  • 災害や事故による損失に対する保険をかけておくことが大切
  • 防犯カメラは効果があるが性能が悪いと設置した意味がない
  • ハザードマップで土地の災害リスクを事前に調べられる
  • 看板の設置などによる注意喚起は一定の効果があるが工夫が必要
  • オーナーが定期的に清掃巡回すれば防犯や清潔感の維持に一役買う
  • 駐車場が広く混雑しやすい状況であれば警備員の配置を検討する余地がある
  • 月極駐車場の滞納対策としては賃料を前払いしてもらうことが有効

あらゆるリスクを減らすためには、オーナーの知識付けと管理会社選びが重要です。
優良な管理会社と出会えれば、きちんとリスク対策や維持管理をしてくれます。

パートナーとなる管理会社を選ぶ際に便利なのが、一括資料請求ができる比較サイト。
比較サイトには一定水準をクリアした、管理会社(不動産会社)しか登録していません。

悪徳業者のカモにされないためにも、比較サイトの利用はマストといえるでしょう。
協力して駐車場経営のリスクを抑止して、土地活用をぜひとも成功させてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる