情報開示方針

DISCLOSURE POLICY

情報開示方針

リビン・テクノロジーズ株式会社は、株主・投資家の皆様に当社をよりよくご理解いただき適正な評価を得ることで、長期的な信頼関係を構築していくことを目的として、迅速かつ正確な情報開⽰を行ってまいります。情報開⽰にあたっては、⾦融商品取引法および東京証券取引所の定める有価証券上場規程等の各種法令等に準拠し、公平性・透明性を鑑みながら、当社の事業活動の理解促進にとって有用な情報についても積極的に情報開示を行ってまいります。

情報の開⽰⽅法
⾦融商品取引法に基づく法定開⽰情報につきましては、EDINET(⾦融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開⽰書類に関する電⼦開⽰システム)を通じて、また、有価証券上場規程等により開⽰が求められる情報につきましては、TDnet(東京証券取引所が提供している適時開⽰情報伝達システム)を通じて、それぞれ開⽰するとともに、当ウェブサイトへも掲載いたします。任意開⽰情報につきましては、当ウェブサイトへの掲載ほか適切な⽅法によって開⽰いたします。

将来の⾒通し
当ウェブサイトに掲載している情報の一部には、将来の業績に関する記述が含まれています。こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。 将来の業績は環境の変化などにより、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。

沈黙期間
当社は決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、各四半期ごとの決算⽇の翌⽇から決算発表⽇までの期間を「沈黙期間」とし、決算に関するご質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、沈黙期間中に業績予想が⼤きく変化する事象が生じた場合には、有価証券上場規程等に従い適宜公表いたします。なお、沈黙期間中においても、すでに公表されている情報の範囲内でのご質問等につきましては対応いたします。

  • 社長ブログ
  • 社長ストーリー
  • 取締役ブログ
  • ウォンテッドリー
  • ツナグキャリアサイトパッションナビ