賃貸マンションをFC展開する「ヒーローライフカンパニー」と提携 ~ 土地活用分野におけるリビンマッチの加盟店増加を促進 ~

賃貸マンションをFC展開する「ヒーローライフカンパニー」と提携
土地活用分野におけるリビンマッチの加盟店増加を促進

不動産サービスの比較サイト『リビンマッチ』を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無、証券コード:4445、以下、「当社」)は、賃貸マンションのフランチャイズを展開する株式会社
ヒーローライフカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役:日崎 哲仁、以下「ヒーローライフカンパニー」)との間で、土地活用分野において、業務提携を開始いたしました。

(当社コーポレートサイト:https://www.lvn.co.jp/
(当社サービスサイト:https://www.lvnmatch.com/

lvn x herolife
(リビン・テクノロジーズ)   (ヒーローライフカンパニー)

【業務提携の背景と目的】

当社が運営する『リビンマッチ』は、不動産売却を中心に、不動産買取、土地活用、賃貸管理、リノベーション、リースバックなど不動産所有者向けサービスの国内最大級のポータルサイトであり、不動産査定サイトでは全国認知度No.1(株式会社マーケティング アンド アソシエイツ調査)となっております。
一方、ヒーローライフカンパニーは、北海道生まれで省コスト・高性能を追求した独自工法による「ヒーローマンション」等を、全国の加盟店ネットワークを通じて供給するフランチャイズ事業を展開しております。
土地活用分野は、2022年に訪れる「生産緑地問題」として注目されています。生産緑地制度は、1991年に市街地における緑地の急速な宅地化を防ぐために定められた法制度となり、生産緑地に指定されると、30年間は農地・緑地として維持が義務づけられる一方、税金面などで優遇を受けることができます。
この生産緑地制度は2022年で30年を迎えることから、これまで農地・緑地として維持された土地は2022年に指定解除されることに伴い、これまで適用されてきた税制優遇が受けられなくなるため、土地所有者は用途転用を検討する必要があります。
このような環境のもと、今回、全国でフランチャイズ展開を行うヒーローライフカンパニーとの業務提携により、当社はリビンマッチ加盟店の増加が促進されます。また、ヒーローライフカンパニーのフランチャイズ加盟店は、リビンマッチからの土地活用希望者の増加が見込まれるため、相互の収益拡大に繋がることとなります。

不動産売買フランチャイズ「SUMiTAS」と提携 ~ リビンマッチの加盟店増加を促進 ~

不動産売買フランチャイズ「SUMiTAS」と提携
リビンマッチの加盟店増加を促進

不動産サービスの比較サイト『リビンマッチ』を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無、証券コード:4445、以下、「当社」)は、不動産売買フランチャイズを展開する株式会社SUMiTAS(スミタス)(本社:北海道札幌市厚別区、代表取締役:吉田 宏、以下「SUMiTAS」)と業務提携を2020年12月1日(火)より開始いたします。

LVNxSOMITAS

【業務提携の背景と目的】

当社が運営する『リビンマッチ』は、不動産売却を中心に、不動産買取、土地活用、賃貸管理、リノベーション、リースバックなど不動産所有者向けサービスの国内最大級のポータルサイトであり、不動産査定サイトでは全国認知度No.1(株式会社マーケティング アンド アソシエイツ調査)となっております。また、リビンマッチは東京本社を含む全国8カ所(関東・東海・関西・広島・福岡)の営業拠点網により事業活動を展開し、全国で約2,700の不動産事業者が加盟しております。
一方、SUMiTASは、北海道エリアで年間2,000件を超える不動産査定を行っており、この不動産売買ノウハウをベースに不動産売買フランチャイズを全国に展開しております。

今回、SUMiTASとの業務提携により、当社はリビンマッチ加盟店の増加が促進されます。また、SUMiTAS加盟店は、リビンマッチからの不動産売買案件の増加が見込まれるため、相互の収益拡大に繋がることとなります。

SaaS型ステップメール配信システム『SMSハンター』 100アカウント突破のお知らせ

SaaS型ステップメール配信システム『SMSハンター』100アカウント突破のお知らせ

不動産サービスの比較サイト『リビンマッチ』を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無、証券コード:4445、以下、「当社」)は、2020年5月28日より提供している不動産業界に特化したSaaS型ステップメール配信システム『SMSハンター』に関して、ご利用頂いたアカウント数が100アカウントを突破いたしましたので、お知らせいたします。

【本サービス概要】

『リビンマッチ』は、全国2,700 を超える事業所が加盟し、エンドユーザーから年間12万件を超えるお問い合わせを獲得しております。また、不動産売却査定サイトで全国認知度No.1を獲得しており、多くのユーザー様より支持を頂いております。
『SMSハンター』は、携帯電話やスマートフォンのSMS(ショートメッセージ)を用いて、見込客リストに対し、長期自動追客するための不動産業界に特化したSaaS型システムとなり、追客を実施したい任意のユーザーに対して90%以上という高い開封率が期待できるSMSのステップメールが送信されるため、電話を敬遠しがちなエンドユーザーでも、継続的にコンタクトを取り続けることが可能なサービスとなります。
当社は、これからもエンドユーザーと加盟企業とのコミュニケーションを円滑に進め、成約率の向上につながるサービスをご提供してまいります。

URL : https://www.smshunter.net/

リビン・テクノロジーズ、金融関連サービスへ進出 ~ リースバック比較サイトを開設 ~

リビン・テクノロジーズ、金融関連サービスへ進出
~ リースバック比較サイトを開設 ~

不動産サービスの比較サイト『リビンマッチ』を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無、証券コード:4445、以下、「当社」)は、複数のリースバックサービスを比較できるサイト『リースバック比較PRO』の提供を開始しました。当社においては、初のIT×金融関連サービスへの進出となります。

【リースバック比較査定サービス開始の背景と目的】

リースバックとは、自身が所有する不動産を不動産事業者等に売却し、売却後の所有者と賃貸借契約を結ぶことで、継続してその不動産に住むことができる取引形態です。リースバックの利用で得た資金の使途は自由なため、老後資金やローン返済、事業資金、新築買い替え資金等として利用することができます。

新型コロナウイルス感染症の流行が続き、収入減などで生活資金の確保に悩む人が今後、増える懸念が高まっています。そのような状況下、今後、不動産売却の相談数の増加が見込まれるとともに、自宅を売却してそのまま賃貸として住み続けることが可能なリースバックに対する関心が高まっております。

当社が運営する『リビンマッチ』は、全国で約2,600の事業所が加盟する不動産サービス・価格比較のポータルサイトで、不動産売却を中心に、不動産買取、土地活用、賃貸管理、リノベーション、注文住宅など幅広いサービスを提供しておりますが、今回の『リースバック比較PRO』の提供開始により、不動産分野におけるサービス提供領域がさらに拡充することになります。

当社は、今後も積極的にテクノロジーを基調とした新サービスを構築し、不動産テック領域のさらなる新規事業『リースバック比較PRO』を通じて、リースバック市場の発展および社会問題の解決に貢献してまいります。

【リースバック比較PRO】

リースバック
リースバック比較PRO(プロ)
URL : https://www.leaseback.pro/

【リースバックPROの特徴と利用の流れ】

① リースバック提供会社を簡単に見つけられるサービス
物件に関する情報を入力するだけで、条件に合った会社を見つけることができます。
② リースバックの条件を無料で比較できるサービス
無料で複数のリースバック会社に一括で問い合わせができるため、サービスの違いを簡単に比較することができます。

不動産関連の比較サイト『リビンマッチ』が 全国認知度・今後利用したい不動産査定サイトNo.1に輝きました!

不動産関連の比較サイト『リビンマッチ』が
全国認知度・今後利用したい不動産査定サイトNo.1に輝きました!

リビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無、以下、「当社」)が運営する不動産関連の比較サイト『リビンマッチ』は、株式会社マーケティング アンド アソシエイツが実施した調査の結果、全国認知度と今後利用してみたい不動産査定サイトにおいて、第1位となりました。

2020年9月30日~10月1日に掛けて、当社を含む不動産一括査定サイト5社を対象とした全国認知度および今後の利用意向に関する調査が実施され、改めて『リビンマッチ』が多くのユーザーより圧倒的に支持されていることが分かりました。

【 今回の調査※1で獲得したNo.1

ADK調査1

不動産売却査定サイト全国認知度No.1※2
今後利用してみたい不動産査定売却サイトNo.1※2
※1. 調査の実施主体:株式会社マーケティング アンド アソシエイツ   調査の協力:株式会社マーケティングアプリケーションズ
全国47都道府県在住、男女20代~60代の方を対象   競合不動産一括査定サイト5社比較
※2.3,000人調査

不動産売却を中心に、買取や土地活用、賃貸管理、注文住宅など不動産所有者向けの情報を提供する国内最大級のポータルサイト『リビンマッチ』を運営する当社では、東京本社を含む全国8カ所の営業拠点網により、多種多様なニーズに応える体制を整えてまいりました。
さらには、『リビンマッチ』のメインユーザー層に対する認知度の高さ、安心感や信頼感のイメージを持つ、元大相撲力士で大相撲解説者の舞の海 秀平氏に当社イメージキャラクターに就任いただくとともに、同年6月からは営業拠点網がある地域でのテレビCMによる全国的なブランディングを展開してまいりました。

当社が運営する不動産関連の比較サイト『リビンマッチ』は、今後も利用する方々に身近に感じて頂けるよう、更なるサービス拡充とサービスフォローに努めてまいります。

不動産業界に特化したコンテンツ制作サービスを開始

『リビンマガジンBiz』 編集部が専門性の高い記事コンテンツを提供

不動産サービスの比較サイト『リビンマッチ』を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無、証券コード:4445、以下、「当社」)は、2020年10月12日より、不動産業界に特化した記事コンテンツ制作サービスを開始いたしましたのでお知らせいたします。

【不動産業界に特化した記事コンテンツ制作サービス開始の背景と目的】

当社では、2016年9月より、不動産業界のランキングやニュース・今後の動向など、不動産・住宅関連企業で働くビジネスマン向けの情報メディア『リビンマガジンBiz』を運営しており、不動産業界の仕組みや業務、不動産テックの最新動向、不動産営業のノウハウなどの専門性の高い情報を提供してまいりました。

リビンマガジンBIZ
(リビンマガジンBiz)

  • 不動産・住宅関連業界の経営者・ビジネスマン向けWebメディア
  • 不動産業界紙出身の編集者が在籍。正確で本格的な記事を提供
  • 編集部が厳選したコラムニスト・専門家が執筆
  • 3年間で5,000本以上の不動産関連記事を制作

これまでも不動産関連事業者は、コンテンツ制作に取り組んでおりましたが、「不動産業界に高い見識を持つライターの不足」、「成果物の質が低い」など、様々な悩みを抱えておりました。

このような課題を解決すべく、当社は『リビンマガジンBiz』の運営を通じて培ってきた不動産業界に特化した知識・コンテンツ制作のノウハウを活かし、不動産・住宅業界向けに記事コンテンツ制作サービスの提供を開始いたしました。これにより、不動産関連事業者は、自社ホームページに高品質・高付加価値なコンテンツを適正価格で掲載できるようになります。

今後も、当社は不動産関連サービス比較サイト『リビンマッチ』を軸に、不動産関連事業者に対して提供するサービスの拡充に努めてまいります。

【リビン・テクノロジーズについて】

不動産の売却価格や買取価格を一括して査定依頼できる「不動産売却」「不動産買取」をはじめ、「任意売却」「土地活用」「賃貸管理」「リノベーション」「注文住宅」に関して、複数の不動産事業者を比較できる国内最大級のポータルサイト『リビンマッチ』を運営。年間約9万人のユーザーと、全国約2,600の不動産事業者が利用。

リビン・テクノロジーズとバリュークリエーション業務提携

相互送客により両社サービスの利便性が向上、簡単に売却・解体が可能に

不動産関連の比較査定サイト『リビンマッチ』を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:川合 大無、以下、「当社」)は、データマーケティング事業、デジタルメディア事業および、不動産解体プラットフォーム事業を展開するバリュークリエーション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:新谷 晃人、以下、「バリュークリエーション社」)が運営する解体工事業者マッチングサイト『解体の窓口』の相互連携を10月9日より開始いたしました。

【業務提携の背景と目的】

当社が運営する『リビンマッチ』では、全国で約2,600の事業所が加盟する不動産サービス・価格比較のポータルサイトで、不動産売却を中心に、不動産買取、土地活用、賃貸管理、リノベーション、注文住宅など幅広いサービスを提供しています。
一方、バリュークリエーション社が運営する『解体の窓口』では、所有する不動産の売却を希望する施主(ユーザー)から提供される物件の写真をもとに、 最安値の見積りを出した地元の優良解体事業者とユーザーをマッチングさせる国内初のサービスを提供しています。

総務省が発表した「平成30年住宅・土地統計調査」によると、平成30年時点における空き家数は846万戸、空き家率は13.6%と過去最高となっています。また、昭和63年から平成30年までの30年間に掛けては452万戸(114.7%)と増加 し、かつ建物の老朽化も進んでいることから、解体市場は拡大傾向にあります。
また、7~9月までの『解体の窓口』利用者500件を無作為に抽出し電話調査をした結果、解体業者を探しているユーザーの約半数が土地売却・活用を検討しており、売却と並行して相談できる事業者を探しているという背景があります。(バリュークリエーション調べ※1)

このような環境のなか、当社は従前より、年々増加している空き家問題は中古住宅の流通やリフォーム市場の活性化だけでは解決できないと考えており、 この度の業務提携により、今後さらに増加が見込まれる空き家や古家付き土地の売却、及び所有する不動産の解体を検討するユーザーに対して、より幅広い選択肢をご提供することが可能であるとして、当該業務提携に至りました。

【業務提携の内容】

今回の業務提携では、両社が運営するサイト内で申込フォームに入力する際に、同時に解体工事または売却の査定を依頼することができるため、ユーザーの利便性向上及び両社の売上拡大に繋がるものとなります。

【業務提携に関する各社コメント】

リビン・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 川合 大無

当社としては、従前より空き家問題に取り組んでおり、この度のバリュークリエーション様との業務提携を通じ、当社サービスを利用されるユーザーの利便性が向上することを大変嬉しく思います。
今後もユーザーやクライアントを始め、住生活という分野で広く社会貢献できるサービスを提供できるよう励んでいきます。

バリュークリエーション株式会社 代表取締役 新谷 晃人

土地活用ニーズをもつ多くのユーザー様にご利用いただいている私たちが不動産売買プラットフォームである、リビンテクノロジーさんと相互に連携することで、不動産分野のあらゆる困りごとに、よりシームレスに応えられることを大変嬉しく思っています。
これからもよいシナジーを生み出し、新たな価値が生み出せるよう引き続き努めてまいります。

未来の10倍成長株を発掘するサイト「Next ten-bagger」に 弊社川合代表のインタビュー記事が掲載されました

未来の10倍成長株を発掘するサイト「Next ten-bagger」に弊社川合代表のインタビュー記事が掲載されました

不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川合 大無、証券コード:4445)の代表・川合のインタビュー記事が掲載されましたので、お知らせいたします。

【当記事の内容】

当記事内では、弊社のビジネスモデルや直近の業績動向、そして不動産業界全体をカバーする“不動産テックの巨人への道”と称して、ten-bagger銘柄に向けた今後の事業戦略などについて語っております。

URL:https://next10bagger.jp/4445/

Next ten-bagger

不動産業界のDXを促進するSaaS型ステップメール配信システム 「SMSハンター」機能拡張のお知らせ

不動産業界のDXを促進するSaaS型ステップメール配信システム 「SMSハンター」機能拡張のお知らせ

不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川合 大無、証券コード:4445)は、2020年9月30日より、不動産業界に特化したSaaS型ステップメール配信システム「SMSハンター」の機能を拡張し、提供開始いたしましたので、お知らせいたします。

【本サービス概要】

SMSハンターは、携帯電話やスマートフォンのSMS(ショートメッセージ)を用いて、見込客リストに対し、長期自動追客するための不動産業界に特化したSaaS型システムです。追客を実施したい任意のユーザーに対して90%以上という高い開封率が期待できるSMSのステップメールが送信されるため、継続的にコンタクトを取り続けることが可能になり、問い合わせを受け付けるランディングページ(LP)もセットで提供されるため、電話を敬遠しがちなエンドユーザーでも、LPの問い合わせフォームから僅か1クリックで不動産会社に連絡できる工夫が施されています。そして今回、「売却検討者」のみへの機能提供に加え、「購入検討者」と「家賃滞納者などの回収業務」などにも利用可能になったことで、より幅広く配信先のリスト属性や送信目的に合わせ、使い分けることが可能になりました。

URL:https://www.smshunter.net/

` smsHunter

【本サービス提供によって見込める効果】

不動産の「売却検討者」のみならず「購入検討者」や「家賃滞納者への回収業務」などにも利用できるため、幅広い不動産会社のDX(デジタルトランスフォーメーション)を促し、業務負担軽減、及び成約率向上が見込まれます。従来、関連当事者が行っていた見込み客の追客業務や情報配信作業を、外出や対面営業することなく自動化できるため、不動産業界におけるリモートワークの促進にも寄与すると見込んでいます。

不動産売却の一括査定に特化したサービス 「不動産売却の窓口」加盟企業数900社突破のお知らせ

不動産売却の一括査定に特化したサービス 「不動産売却の窓口」加盟企業数900社突破のお知らせ

リビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川合 大無、証券コード:4445)が運営する不動産一括査定特化サイト「不動産売却の窓口」の累計加盟企業が900社を突破いたしましたのでお知らせいたします。

【不動産売却の窓口について】

「不動産売却の窓口」は、「大手から地域密着の不動産会社まで比べて、選べて、納得する」をコンセプトに2017年6月に不動産査定特化サイトとしてスタートいたしました。利用者(査定依頼者)には当サイトの加盟店と媒介契約を締結すると祝い金がもらえる特典があります。
加盟する不動産会社には、査定依頼件数分だけ費用発生する成功報酬型、掲載する期間、地域などの設定がオンラインで自由に変更できる等のメリットがあります。

不動産売却の窓口:https://madoguti.jp/

【「リビンマッチ」との違い】

当社の主力サービスである不動産バーティカルメディア「リビンマッチ」は、不動産売却、土地活用、賃貸管理、注文住宅など複数カテゴリを擁する不動産会社比較ポータルサイトです。一方、「不動産売却の窓口」は、不動産オンライン一括査定のみのカテゴリ特化型サイトになります。

リビンマッチ不動産売却:https://www.lvnmatch.com/sell/

不動産売却の窓口